専門店のアイスコーヒー通販なら柿田川珈琲

いろんなアイスコーヒーの淹れ方

アイスコーヒー,通販,お取り寄せ,人気,おしゃれ

お店のような美味しいアイスコーヒを自宅や職場でも楽しみたい!って結構多いんです。

 

でもペットボトル、パック、インスタントのアイスコーヒーだと香りが感じられずに物足りない!そんな本格的なアイスコーヒーを飲みたい人は、自宅でコーヒー豆(粉)からアイスコーヒーを入れることをお勧めします。

 

通常のホットコーヒーとは違うアイスコーヒーの淹れ方をマスターすれば、どこでもコーヒーショップのようなアイスコーヒーが楽しめますよ。

 

急冷抽出方法

 

アイスコーヒーには様々な抽出方法があります。その中でも一番代表的な淹れ方が急冷方法です。

 

基本的にはアイスコーヒーといっても沸騰した100度近い熱湯で抽出を行います。そのコーヒーを冷やすことでアイスコーヒーとして飲むことができます。

 

プロのコーヒー屋さんではこのコーヒーの冷やし方に美味しさの秘密があるとしています。抽出したばかりのアイスコーヒーを急速に冷やすことで美味しいアイスコーヒーになります。

 

これを常温で徐々に冷やしてしまうとアイスコーヒーの液体が濁ってしまったり、味がぼやけたようなキレのないアイスコーヒーになってしまいます。

 

このすぐに冷やすことが美味しいアイスコーヒーを入れる際には欠かせません。

 

オンザアイスドリップ方法

 

このアイスコーヒーの急冷方法にも2通りの淹れ方があります。それが直接氷に抽出する方法とサーバーが入ったアイスコーヒーを冷やす方法です。

 

まず氷に直接抽出する方法は、その時に飲む分量だけ抽出します。氷が溶けてしまうとアイスコーヒーが薄まってしまうために保存には向きません。

 

この淹れ方の特徴はアイスコーヒーの特徴を引き出すことに向いています。酸味や苦味などをそのコーヒーの個性を感じることに適している淹れ方です。

 

まとめ作り置き方法

 

もう一つの抽出したコーヒーが入ったサーバーを冷やす方法は保存に適しています。

 

基本的には1週間分まとめて抽出して冷蔵庫で保存することができます。

 

アイスコーヒーは時間が経てば味が馴染んで来ます。2日ほど経つとまろやかさや甘みが強くなって来ます。

 

個人的にはこの抽出方法で入れたアイスコーヒーの方が好きですね。

 

 

水だしアイスコーヒー抽出

 

アイスコーヒーにはコーヒー粉からハンドドリップする方法の他に水出し抽出という入れ方があります。

 

水出しには専用の器具を使用して抽出するダッチコーヒーという入れ方があります。この器具はとても値段が高く大きいので家庭用には向いていますせん。

 

家庭用にはコーヒーメーカーのハリオがはんばしている水出しコーヒー抽出器具があります。

 

このコーヒーには麦茶のようなパックに入った専用の水出しコーヒーが必要です。

 

時間もかからず水を入れるだけなので簡単でいいのですが、ハンドドリップと比べるとどうしても香りやコクなどは出にくいですね。

 

自分のコーヒースタイルにあったアイスコーヒーの淹れ方をすることをお勧めします。

 

いろんなアイスコーヒーの淹れ方で味の違いを楽しもう(^^♪